先週末は名古屋に行っておりました。
夫の陣中見舞い兼、わたくしのバースデー祝い。
どちらが主なのかは、不明。


コンパルを最初に知ったのは、諸国パン事情に詳しい友人からの情報だったと記憶している。

それなので、夫の名古屋赴任が決まってから、ずっと楽しみにしておりました♪

f0376358_13213328.jpg
わたくしたちが行ったのは、大須というところにあるお店。
大須が学生街かどうかは知らないのだけれど、
何となく早稲田・高田馬場界隈と、神保町界隈をごちゃまぜにしたような感じの街。

都会の下町という感じ?

お約束のエビフライサンドと小倉トーストをいただき、
アイスコーヒーの粋なサーブにほっこりして、初コンパルを満喫しました♡

f0376358_13360180.jpg
ちょっとわかりにくいのだけれど、アイスコーヒーはデミタスカップにホットコーヒーとして出され、
氷入りのグラスが付いてきます。ホットの状態でお好みのコーヒーに仕立て(クリーム&シュガーで)、
それを氷入りのグラスに注ぐ、というスタイル。とても美味しいのです。

もう言うまでもなく、どれをとっても美味しかったです。
〆て2千円。この美味しさで、この安さにも感動(T_T)。
エビフライサンドにはフレッシュな千切りキャベツも美しく大盤振る舞いで入っていました。
美味しかった~~~~。

古い喫茶店はだいたい分煙になっていないのだけれど、こちらも分煙ではありませんでした。
しかし、換気システムに気を配っているのか、煙たい感じはほとんどなくて良かったです。

わたくしたちがお店に入ったのが11時半ごろ。
まだ空席もちらほらありましたけれど、食べ終わり出る頃にはすでに5~6組の方々が席待ち状態。
老舗の人気店でした。

これからはちょくちょく名古屋へ行って、名古屋飯に色々挑戦したいと思っています。
f0376358_13330517.jpg
金色に輝く郵便ポスト。これはちゃんと働いています。
これは大須ではなく、丸の内(名古屋の)か栄あたりにありました。


次回はぜひとも名古屋でモーニング♪




コンパルの詳細はこちらから↓





[PR]
# by noburinng | 2017-07-07 13:42 | 文月 | Comments(2)

Independence Day。

7月4日に前職場を退職し、7月10日から新しい仕事に就きます。
f0376358_10010604.jpg

小売業界の内部監査という、今までとは全く畑違いの仕事でしたけれど、
2年あまりの歳月を、ストレスフリーに楽しくやって来られたのは、
部署の人間関係が、非常に良好だったからだと思っています。

家庭も、企業も、国も、人で成り立っているということを、
改めて実感した2年3か月でした。

新しい職場は結婚前のわたくしが、よく馴染んだ業界の、かつて担当していた職種です。
20数年のブランクを経たアラ還のフレッシュマンですが、体調に気を付けながら頑張りたいと思います。

***

慌ただしく前の仕事を片づけている中で誕生日を迎え、
週末を利用して、名古屋のノリタケの森に行ってきました。

そんな写真も追々アップしたいと思っています。







[PR]
# by noburinng | 2017-07-06 10:11 | 文月 | Comments(0)

娘の大学は、夏休みに突入。えっ、まだ6月なんですけども?

というわけで、息子の弁当だけです。

f0376358_14230241.jpg
<6月27日 ささみフライ弁当>
・ささみフライ
・玉子焼き
・ピーマンと油揚げの醤油炒め
・辛子高菜
・煮豆

f0376358_14245691.jpg
あ、手前の高菜にピントが合ってる(滝汗)。
今日は初めておかず同士を重ねてみました。特にクレームなし。

***

もう6月も今日で終わりで、2017年も半分終わり。
今年は例年以上にアワアワしている間に、半分終わった。

誰かがどこかに書いていたんだけれど、
歳をとるにつれて時間の過ぎるのが早くなっていく。
全く同感。

子供の頃の一日は本当に長かった。
でも、それを持て余すでもなかった。
時間は無限にあるような気がしていて、
じっとアリの行列に見入ったり、その行方を追ったりする時間があった。
そして、そういうことを無心に楽しめる自分がいた。

私たちはいつごろから「期日」とか「期限」とかいう言葉と
隣り合わせで生活するようになるんだろうね。

まぁ、でもそういうのも一つの目標になって、励みにはなるんだけれど。

「何もしないってことをやる」っていう贅沢は、
今、まだいろんなことができる自分が思う贅沢だと気づく。


今日を大事に、明日につなげようっと。




[PR]
# by noburinng | 2017-06-30 14:38 | 水無月 | Comments(0)

先日、「Goodbye Christopher Robin」の動画を貼り付けて、
日本にも来るといいなぁと、念を送っておりましたが、どんな話なのか気になって仕方なく。

この辺りからストーリーを持ってきているのであろう、と見当をつけ、本を2冊買ってみました。

f0376358_16104933.jpg

ミルン父子のそれぞれの自伝。


イギリスチックなユーモアが散りばめられた文章になっていますが、
まだほんの鑑の部分しか読んでいないので、内容については言及できないのだけれど。

東北新社あたりが、ちょい地味目なこの作品の、配給を手掛けてくれるといいんだが、
と密かに念を送りつつ期待しています。

そういえば、AAミルンに扮するのは、映画「ブルックリン」のジム・ファレル役ですね。
楽しみです(←すっかり来る気満々)。

東北新社といえば、ダイアン・レイン主演の映画もそろそろですね。
ダイアン・レインといえば、セクレタリアトの60~70年代チックなファッションに
身を包んだ美しい彼女の記憶も新しいですが、今度も観に行かなくっちゃ、と思っています。
あの映画の中にもJade Ite のヘビーマグが出てきましたね。
そういうの探すの、大好き(笑)。


***

さて。
積読本は既に50冊を超えているのに、また本を買ってしまった。
まぁ、いずれは読むけどね、と心に言い訳しながら。

ほんの20年ぐらい前までは、こんなに気軽に本を買えるイメージではなかった。
10年前だって、そうでもなかった。

本は読み終わったら、次に読みたい本を探しに書店に赴くものだった気がするのだけれど。
しかし、事あるごとに書店には行っていたな。
あの頃、大型書店の中にはソファを置いてあるところが出始めて、そこに座って読んだりしたっけ。

昔は買わずに読むことは何だか後ろめたい気がしていたのだけれど、
書店の方もそういうことに寛大になったということだったんだろうか?

週末ごとに子供を連れて書店に出かけ、何かしらの本を買って帰り、また翌週には、という感じ。
願わくば、絵本も処分せず、ずっと手元に置いておきたかったのだけれど。

出版社、作者、挿絵画家、そして絵本のタイトルも全部読み上げて、本文を読む、ということを続けていたので、
子供たちの記憶の中に、そういう情報が残っているといいな、と密かに思う母なのだった。


積読本は溜まって行くが、古本を探す手間を一気に軽減してくれたamazonには、実はとても感謝している。


[PR]
# by noburinng | 2017-06-26 16:30 | 水無月 | Comments(0)

人生の幕引き。

ここのところ、親しい人々が他界することが続いた。

f0376358_12011958.jpg

父が亡くなった時は悲しみの他、何も感じることは無かったのだけれど、
それが一歩引いて(という言い方もおかしいけれど)見守るところにいると、
悲しい中にも、色々な感慨が湧き上がってくる。

人生の幕は、自分では引けないのだな、と。

f0376358_12020692.jpg

最期は、誰かに引いてもらって、送り出してもらうのだと。

こうして文字にしてみると、至極当たり前のことのような気がするのだけれど、
生きている間には、あまり気が付かないような気がして、自分でもびっくりする。

送り出してもらうことはとても大変だ。

緞帳のような重々しい綺羅のごとき幕でなく、
天女の羽衣のような幕をふわりと引いて、終わりにしたいと思う。

ただこの体が魂を支えることができなくなって、魂がどこかに抜け去っていくだけのことだと思うのだけれど、
わたくしたちは「形」という目に見えて手に触れることのできる事象に重きをおく常識を得て育っているので、
その「形」にまつわる様々のことで、あとに残るものが苦しむとは、魂の在処の分からない悲しみと、
「形」によってもたらされる苦しみと、両方がないまぜになって、遺された者は疲弊していく。
そんなことを考えると、極力人生の残置物はない方がいいと思ったりする。

対照的な幕引きだった親しい人々二人。
全てのことは整理され、楽しかった思い出とともに、魂の在処だけを恋うような
そんな幕引きをめざせたら、と改めて思う。

f0376358_13594068.jpg

人は美しい最期を迎えるために、一生懸命生きているのではないか、そんなふうに思う今日この頃。
最期の幕はできるだけ軽く、ふんわりと。
それまでは、自分のやりたいことに一生懸命、正直に励んで行こう。

f0376358_13581977.jpg

というわけで、というのも変ですが(笑)転職します。
健康なうちに、自分の好きな業界で、自分のやりたいことを。
もう年齢的にも勤め人として職を求めるのは、これが最後かなと思っています。
一つ目標をクリアしたので、また次の目標に向かって7月から頑張るつもりです。

意志あるところに道あり。

***

こんなふうに考えるようになったのは、この本のおかげかな、と思う。
奇しくも叔母が入院する少し前から読み始め、叔母入院中もその病院の行き帰り、
あるいはベッドの傍らで。

初めて手に取ったのは随分前で、亡き祖母に似たこの方の風貌が目に留まったのが最初だった。
全くの偶然。
その当時はちょっと入口の敷居が高く感じ、中々読み進められなかったのだけれど、
今回はなぜか涙ぐみそうになりながら読みました。

時の偶然というのは、あるいは必然なのかも知れないと思いながら。



f0376358_12195869.jpg


こんな教授がいたら、日本の大学の授業もさぞ楽しいことだろう。



[PR]
# by noburinng | 2017-06-25 12:16 | 水無月

Jane Ray と栗ロール

新しい場所に引っ越して、食器を少しずつ開梱しております。
以前の家よりも水回りが一箇所に集中し、空間的にも動線的にも使いやすくなりました。

栗好きの夫が大喜びした、栗のケーキ。

f0376358_15584033.jpg

和栗がゴロゴロ入っています。ちょっと入りすぎ?

ちょっと季節感が違っておりますけれど、美味しくいただきました。

f0376358_15595880.jpg
コーヒーは、段ボールの中から発掘したJane Ray で。

f0376358_16003126.jpg
光線(放射)状にのびる筋状の模様で、Ray。単純でいいですね(笑)。
で、Jane って?

f0376358_16024458.jpg

このアンカーホッキングのJade Ite という色は、我が家で作る料理を盛り付けても全くしっくり来ませんので、
本当にこのC&Sしか持っていません。在米記念に、という感じで王道のこれだけは処分せずに持ち帰りました。

美しい翡翠色のこの食器は、映画「花様年華」の食事シーンにも出てきますね。

「花様年華」の画像検索結果

時代設定もマッチしているんではないかな、と思います。


バックスタンプはあるものもあり、ないものもあり。
わたくしの持っているものは、たまたまバックスタンプ付き。
割と新しいタイプかな?と思います。

f0376358_16090966.jpg

ステーキが盛られているJade Ite 。あまり美味しそうに見えないのが悲しい(笑)。

盛り付ける物を選ぶJade Ite。でも、そんな我儘なこのグリーンも大好きだ。














[PR]
# by noburinng | 2017-06-24 16:12 | 水無月 | Comments(0)

クマのプーさんの思い出は、高校生の頃にさかのぼる。
英語の授業の教材として配られた詩を、いつか全部読んでみたいなぁと思った。




それでも、あんまり賢くなかったわたくしは、いつしかそんなことも忘れてしまった。

息子が生まれて「クマのプーさん」のディズニービデオを買った。
それからシリーズでどんどんそろえて行って、息子もすっかりプーさんファンに。

息子3歳の誕生日に贈った本は、今も彼の本棚にある。

f0376358_21310791.jpg


f0376358_21332179.jpg

この映画、日本にも来るといいなぁ♡

背表紙も取れそうなこの本に、息子との思い出が多すぎて、
映画なんか観たら、うっかり涙ぐんでしまいそうだ(笑)。


***

さて、思い出に感傷的になっている場合ではない。
生活は毎日やってくる。いや、我々がそこにいるんだが。

弁当は相変わらずやっつけ仕事的に作っていて、なんだか似たような弁当ばかりで
自分でもどれがいつの弁当なのか分からなくなってしまった(滝汗)。

素材は使いまわし。ハンバーグネタを作ったので、規定通りハンバーグを作り、

f0376358_21165525.jpg
翌日はそれでメンチカツを揚げてみる。


f0376358_21174524.jpg
………。違いが良く分からん。


ということで、冷蔵庫の中身も尽きております。
米も尽きております。しかし、買い物に行く時間がない。


早く週末になって~~~~!!!






[PR]
# by noburinng | 2017-06-21 21:21 | 水無月 | Comments(0)

裏庭改造計画vol.2。

日々除草剤を散布しながら、じっと週末を待っておりました。

f0376358_15371894.jpg
(注)藪原ではありません。うちの裏庭です、念のため。

そして、ようやくの先週末。梅雨入り前に、と焦って草むしりをし、防草シートを張り巡らしました。ゼイゼイ。
しかし、除草剤の威力って、すごいわ。ミミズたち、ほぼ全滅。
ワラジムシ、ほぼ全員元気。ワラジムシの生命力もすごいわ。

これからは、無駄な殺生を避けるため、防草シートを割って生えてきた草は、大きくならないうちに手で抜こう。

f0376358_15393797.jpg
これから玉砂利を敷いたり、ウッドデッキもどきを敷いたり色々やったのち、ようやく花木をセットしていこうと思います。
お財布と相談しながら。来年の春ごろまでには何とか形にできるといいな~と思っています。




[PR]
# by noburinng | 2017-06-13 08:35 | 水無月 | Comments(0)

幸福な孤独。

ゆっくりと起きた週末は、遅めの朝食をブランチと称して子供たちを巻き込んで楽をする。
そして、ブランチが済んだら のんびり来週のご飯の支度をする。

f0376358_13324537.jpg
野菜を適当に切ってフライパンで炒め、溶き卵を流し入れ、シュレッドチーズを乗せてオーブンへ。
あとは勝手にスパニッシュ風オムレツが出来上がります。

鉄板を用意して、子供一人はパンケーキ担当、もう一人はコーヒー担当。
そうこうしているうちに、オーブンからオムレツができたと言ってくるので、切り分けて着席。

f0376358_13352763.jpg
午後、子供たちは思い思いに出かけてゆくので、わたくしは一人、幸せな孤独をかみしめる。

***

ようやくこんな日々が巡ってきました。
彼らが足元にまとわりついて身動きが取れなかったころは、
一体、いつごろまでこんな状態が続くのだろう?と気が遠くなったりしたものだけれど、
それもすでに遠い昔のことになり、私の膝を奪い合った二人は、家事を譲り合う二人となりました(苦笑)。

午後はのんびりと、ご飯を作る傍らで、アイスコーヒーに入れるガムシロップの濃度実験(?)をしたり。
今日は濃度50%を作りました。色々な方々が、50%が一番扱いやすい、と某所に書いていらしたので。
調理と理科の実験はちょっと似ていますね。

f0376358_13564111.jpg

アイスコーヒーも、市販で好みのものを探すのはなかなか大変です。
ですので、自分で適当に好みの濃さに作って冷やしてます。

***

最近、メイ・サートンを読んでいます。
もう、ずっと読みたいと思っていて、ようやく念願叶って、という感じ。
是非ともゆっくりと、噛みしめるように読んでみたい。
早回しの毎日に、眠る前30分の贅沢。

モンゴメリのブルーキャッスルに出てくる水辺の風景と、
メイ・サートンの暮らしの風景はどことなく似ている。
そんな自分勝手な解釈にも喜びを見出しながら、
眠りにつくひと時は、本当に幸せ。

そしてまた、いつかこんな水辺と森に囲まれたところに、ひっそりと暮らしてみたいなぁ、と妄想する日々です。

読みたい本がたくさんあって、メイ・サートンを3冊読み終わったら、次はディネセンを2冊。
ページをめくる指先がもどかしいですが、急がずゆっくり味わいながら読みたいと思っています。




[PR]
# by noburinng | 2017-06-12 08:30 | 水無月 | Comments(4)

6月第2週弁当など。

一週間は瞬く間に過ぎてゆきますね。梅雨入りしたんでしょうか、関東地方?
iPhone の来週のお天気を見ましたら、しばらく雨マークが続いていましたが。

f0376358_13082381.jpg
先週は予報ほど雨も降りませんでしたが、そういえばもう6月なんでしたね。
前回のエントリーで書いた心太とちくわぶのお店で買ったちくわぶを煮て、弁当に入れてみました。
夫はちくわぶをあまり好みませんが、会社の男性諸氏に聞いてみたところ、10名中8名が「好きではない」と答えました。
意外と人気のないちくわぶが愛しくて、わたくしが代わりにガンガン食べようと決意しました。
目標:ちくわぶ一本食い(うそ)

***

さて、懐かしいPOP Tarts を買ってみましたよ。
本当はシリアルバーを買おうと思ったんですが、POP Tarts の誘惑に負けてしまいました。
日本のシリアルバーで、唯一美味しいのがあるんですけども、ちょっと硬い。
シリアルバーの理想的な柔らかさは、やはりQuaker の Chewy だと思っているので(個人的感想)、
あれを目指しているんですけども、自分で作っちゃおうかしら、と思ったりしている。

POP Tarts は自分じゃ作れないので、買ってもいいかな、なんて←???
要するに食べたかったんですよ、テヘ。
朝の目覚めに即効性あり、って感じで来週も頑張ります!






[PR]
# by noburinng | 2017-06-11 13:24 | 水無月 | Comments(0)

朝晩は肌寒いくらいの今年の6月ですが、湿度の低い国に来たようでうれしい限りです。

昨日はウォーキングの帰り道、小さな窓口に列ができているのを夫が発見。
なんだろうと近寄ってみると、「あんみつ」の幟が。

列に並んでいる方が教えて下さるのには、知る人ぞ知る美味しいちくわぶと心太のお店だそうで、
遠くからわざわざおいでになる方もいらっしゃるとか。
TV取材の置き土産か、色紙が何枚かありました。

わたくしたちも早速あんみつと心太、それからみつ豆も買ってみましたよ。

f0376358_15554599.jpg
美味し~~~い♪コシがあって、海藻の香りがして、久々に「本物」を頂いた感じ♪

この夏は日参決定!

***

さて、あんみつを盛っているのはアンカーホッキングのEAPCです。
1960年代~2000年ごろまで作られていましたので、たくさん出回っているようです。
食器の種類もたくさんありますので、しかし、コンプリートは大変。
オマケにイタリア製の違うお品も出ています。そっくりです。瓜二つです(笑)。

そして、その下に敷いているのはラーキンのアザレアです。

f0376358_16112791.jpg

同じノリタケですけれど、バックスタンプが違うのです。
ラーキンのカタログにアザレアが登場したのが1915年ということですので、
これがその当時のものならば、100年経ってアンティークの殿堂入りですね(笑)。

アザレアも色々な種類の器があり、なんとクリスタル(ガラス)製まであるのです。

EAPCもアザレアも、どちらもたくさんのシェイプがあり、製造期間も長い製品なので、
何となくいつも似ている気がしちゃう(全然違うけど)。


古い食器をしまう時は、細心の注意が必要ですが、糸尻で重ねた面が傷つかないように、

f0376358_16174576.jpg

こんなコースターを作って挟んでいます。これくらいの大きさならすぐ編めるので、とても便利です。


しかし、アメリカって、そんな昔からカタログ販売があって、
メールオーダーで食器まで買えちゃうって、すごいですよね(@_@)
ラーキンがメールオーダーを始めたのは、1893年ですって!
さすがお買い物大国、アメリカって感じ。




[PR]
# by noburinng | 2017-06-05 16:22 | 水無月 | Comments(2)

懐かしい、この場所に帰ってきました。

f0376358_12013330.jpg
檀一雄の「火宅の人」の中にも出てくるこの公園は、あまり手を入れ過ぎていない感じが好きです。

f0376358_12080825.jpg

メジャーな公園のように遠くからも人が押し寄せることもなく、周囲におしゃれな店もないことから、
地元民の憩いの場としての静謐を保っているという感じ。

子供たちがザリガニ捕りに興じるのは、私が知るころの善福寺公園にちょっと似ているかも。

水辺には鳥たちも憩い、やっぱり私は水辺のある町が好きだなぁと改めて思うのでした。

f0376358_12115062.jpg
これからは、ここを日常的な散歩コースに、遠ざかっていたウォーキングを再開です。
繁る緑のおかげで夏も涼しく、日焼けにそれほど神経質にならなくてもいいのも嬉しいです。

f0376358_12121542.jpg


[PR]
# by noburinng | 2017-06-04 12:16 | 水無月 | Comments(4)

スナックセットというのは形状的には非常に魅力的な食器なのだけれど、
実際使う段になると、それほど魅力的でないのが困ったところ。

その中でも比較的我が家で活躍しているのは、アンカーホッキングのスナックセットです。

f0376358_14035077.jpg
本当は何という名前なのか知りませんけれど、うねうね模様、というように書いているサイトもありました。
カップと本体の色は違います。

スナックセットとかSSSとか言われていますけれど、三つのSの中には煙草も入っているようです。

f0376358_14055032.jpg
コンパートメントの一つには、煙草を置くくぼみが刻まれています。
60年代当時、アメリカ女性の喫煙率はかなり高かったと思われます(映画で見る限り)。

しかし、夫もわたくしも煙草を吸いませんので、我が家では主に朝食用として活躍。

f0376358_14104837.jpg
スナックセットの困ったところの一つは、カップが非常に小さいところ。
これじゃ、コーヒーは足りませんのでヨーグルトなどを盛っています。

煙草用のコンパートメントにはピクルスや果物などが乗ることが多いです。
(と、気取って言っているが、それくらいしか乗せるものを思いつけない)


これもカップはグリーンで、私の好きな色ですね。
アンカーホッキングは、この緑をフォレストグリーンという名で呼んでいます。


まさに、こんな感じ。
f0376358_14162009.jpg
在米当時住んでいた家の裏庭。本当に森という感じで良かったです。
リスはもちろんのこと、ウサギやワイルドターキー、シカなどもしょっちゅうやってきました。
寝そべって星を数えながら飲む酒は、格別でしたね(笑)。

日本でこんな住まいを手に入れるには、一体どの辺に住んだらいいんだろう?
せめて美しい公園を借景に、これに近いところに住めたらいいなぁと、妄想しているところです。






[PR]
# by noburinng | 2017-06-02 14:24 | 水無月 | Comments(0)

5月29日弁当など。

来年2月に一大イベントが控えており、準備が始まりました。
通常業務プラスイベント。忙しいったらありません。
書類が山積みで、問題も山積み。おまけに洗濯物も山積みです。

そんな中、子供らは全く弁当を辞退する気配もありません。
空だけは、毎朝わたくしを優しく迎えてくれますことよ。ほほほ(感涙)。

f0376358_20505856.jpg
生姜焼き弁当
・生姜焼き
・出汁巻き玉子
・シュウマイ(冷食)
・高菜の辛子炒め
・プチトマト

という、やっつけ仕事的な構成になっております。

わたくしは会社で自分の作った弁当なんか食べてる気分じゃないので、
ここのところ弁当はなし。毎日片手で食べられる、リーマンチックな昼ごはんばっかりです。
そば、カレー、そば、カレー、そば、カレー、、、、
あ、しかし、今日はナンをちぎって食べたので、久しぶりに両手を使ったな(笑)。


***

さて、わたくしが草むしりをしている間に、夫はワイナリー巡りに行っておりましたが、
ワインが一箱送られてまいりました。

f0376358_20575695.jpg

うむ、しかしもうワインセラーはいっぱいじゃ。
金宮焼酎も箱買いしましたので、パントリーは酒でいっぱいです。

週末はまた草むしりをして、シャリキンと冷えたワインで疲れを癒そうっと。

その前に、除草剤も買ってみました。

f0376358_21024395.jpg
根こそぎ枯らす、とかいうようなことが書いてあったような気がしますが、
売れ筋№1のを買ってみましたよ。
とにかく、根っこを何とかしないことにはね。


明日から6月。
2月なんてあっという間にやってきそう~~~。




[PR]
# by noburinng | 2017-05-31 21:06 | 皐月 | Comments(0)

裏庭改造計画vol.1。

夏が近いのを予兆させるような空になりましたが、
今年はまだまだ涼しいですね。

f0376358_13290805.jpg

朝晩は、まだまだヒンヤリと気持ちがいいです。

裏庭が悲惨な状況になっており、何とかしなくてはと思っておりましたが、
ようやくお天気も良くなり、草むしりを敢行いたしました。

f0376358_13305562.jpg

初日はベランダサンダルでやったのですが、足が真っ黒になりましたので、
ガーデニング用の長靴を買ってきました。

ちょっとそんじょそこらの土じゃない、って感じで、裏庭なのに山奥感満載です。
何しろ主な植物はシダ類とヘビイチゴ、それにコケ。

45ℓのゴミ袋に、全部詰めるととても重くて持ち上がらないので、
1/3ぐらいずつ詰めては運び出し、という繰り返し。

草むしり、というよりも、土剥がし、という感じ。
粘土質の土にシダ類がたくさん生えており、根っこが張ってすごいんです。

ミミズやワラジムシと戦いながら、汗びっしょりになりました(冷や汗含む)。

防草シートを張って、タイルなど並べてみた状態。
f0376358_13353951.jpg

ブロック塀に残る雨の後の湿気を見ると、かなり水はけが悪そうなので、
一度この状態で雨降りを経験した後、今後、このまま防草シートで行くかどうか考える予定。

まぁ、とにかくこの不細工な庭を何とかしなくては。
お花を植えてもとても育ちそうもないので、まずは地面の雑草を何とかして、
それからどんなふうにするか、じっくり考えま~す。


<特記事項>
夫はワイナリーめぐりに行っております。
えぇ、裏庭には全く興味がないようです。
しかし、居るとご飯作ったり面倒なので、
出かけてくれた方が楽でいいんですけどね。

いや、しかし。初期予想の3.5倍ぐらいの重労働でした。





[PR]
# by noburinng | 2017-05-28 13:43 | 皐月 | Comments(2)