ジブン回帰。

かつて自分が暮らしていた場所を訪ねてきました。
f0376358_16272393.jpg
すぐ近くに用があり、30年以上ぶりに立ち寄りました。

当時はもっと広く感じていた通りも、高い建物に縁どられ、若干の圧迫感を持って私の前に現れた。
記憶をたどり、坂道を上っても、私を同じ場所で歓迎してくれたのは、良く知ったお米屋さんと、
良く使ったバス停だけだった。

f0376358_16351020.jpg


今年は基本に帰ろう、と思っている。
自分が、意志をもって始まった場所に、改めて帰ってみて、
そこにはすでに自分の面影はなかったけれど、
そのことに却って安心して、力を得ることができた。

時間は進んでいる。
周りも変わって行く。
自分も曲がりなりにも進んでいる。

でも、大切なものは、常に自分の中にあり、
それは自分と一緒に進んでいるのだな、と。

思い出が、光りすぎていることは切ない。
今の方がいいと思える自分がいることに安心し、
久しぶりに都バスに乗って、新宿駅に向かった。







[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by noburinng | 2017-02-01 16:51 | 漫歩*sozoroaruki | Comments(0)