4月24日唐揚げ弁当、便乗三人前。

明日は久々に通勤弁当でも作ろうかな、と週末母(わたくし)がつぶやきますと、
物凄い反応のよさ(普段では全く見られない俊敏さ)で息子が
「今期から講義スケジュールが変わって、リーマンとのランチ争奪戦がやばい」とつぶやくのです。
君、立派な学食がいくつも校内にあるだろう、と母(わたくし)心の声。

それに被せるように娘が「学食が混んでいて、並ぶ時間がもったいない」とこれもつぶやくのです。
んー、なんで時間がもったいないのかはナゾ、暇じゃん。と母(わたくし)心の声。

母の唐揚げ弁当。IHの火加減(というのか?)に慣れていないため、日焼けしたタヌキ色になっていますが、
岩ではありません。鶏のから揚げです。

f0376358_11210167.jpg

それにちゃっかり乗っかる子供らめの弁当。

f0376358_11213975.jpg

一人分も三人分も一緒よ、ほほほ。とゆーのは他人様に対する社交辞令だぞ、をい。


f0376358_11224385.jpg

[PR]
Commented by yuko-pyrex at 2017-04-26 23:58
やっぱりお母さんのお弁当は最高ですよね!!
でも便乗出来そうな時までぐっと我慢しているところがお二人ともかわいいですね。
もう頼んじゃ悪いかな・・・と思っているだけ偉いです!!
今日は美味しいランチで母のありがたさを実感したことでしょうね。(^_^)v
タヌキ色の唐揚げ!(笑)
Commented by noburinng at 2017-04-27 18:46
> yuko-pyrexさん
母の弁当は、他人(母だけど)による時短と節約の弁当なのです。彼らにとって。
自分で努力せぃ!と思うんですけどね。

タヌキ色の唐揚げ。枯山水風にあしらってみました(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by noburinng | 2017-04-26 11:31 | 食* | Comments(2)