形のないものを映すとき。

美しい翠の季節がやってきました。
池に映る木々の葉も、涼しげです。

f0376358_14531821.jpg

平らな池に、漣が立つとき。

それは鳥が降り立つとき。
風が吹くとき。
あるいは、誰かが一石を投じたとき。

f0376358_14535872.jpg

そんな外界からのプレッシャーで、
外界を映した水面もゆがむ。

事実はいつも一つで、どの角度から見ても同じであるはずなのに、
映し出す面の状態によって、事実とは違ったものになって行く。

そんなことを考えながら、この頃の世間の様子をTVで見ています。

***

明日から長い連休に入ります。
今日は、家族より一足先に休みを取って、
明日からの喧騒に備えています(笑)。

作ったら作っただけ食べ、掃除した端から汚れていく。
不毛な毎日も、ただの事実。

たくさんの事実を、額面通りに受け取られる自分でありますように。
あるいは、ちょっぴり幸せを上乗せして。

願わくば、自分の時間もありますように。
願わくば、手芸もできますように。
願わくば、願わくば。

願い満載で浮かべた舟を、うっかり沈めて、
綺麗な池を、台無しにしてしまいませんように(笑)。




[PR]
by noburinng | 2018-04-27 14:58 | 漫歩*sozoroaruki