2018年 09月 04日 ( 1 )

【いちご泥棒】その⑦
チマチマと亀の歩みで進んでおります。

f0376358_10370030.jpg

とうとう、夜も刺繍を始めました。そうじゃないと全然進まない。
いよいよ、ハズキルーペデビューかな、という感じです。

先週はこの辺りが捗りました。

f0376358_10375512.jpg

捗ったと言えるのかどうか。しかし、ゼロではないとは言える(笑)。
今週も、亀の歩みで頑張ろう。
いつかは出来る。日々の歩みがゼロでなければ。

***

今年は新しいクリスマス刺繍もやりたい、と野望を抱いている。
と、いうことはこの【いちご泥棒】を9月末ぐらいまでには完成させたいな、と。
逆算していくと、そんな感じになるんだけれど、
自分にプレッシャーをかけすぎないように、ゆるゆると行ってみよう。

最近、ノートにやるべきことを書きつけている。
でないと忘れたふりをして、やらずに過ごしてしまいそうで。
自分の興味ないことって、あるいは大変そうなことって、
はたまた面倒なことって、そういう傾向にある。

若い頃はどうだったかな?と振り返ってみる。
全然記憶にない(滝汗)。
きっとそういう意識すらなかった。
スケジュール帳はいつも空白だったし(←書かない・それは今も同じ)。

先日、自分のこの先の時間を何気なく考えてみたら、
あと20年とか?25年とか?
そのうちバリバリ健康で、ガンガン行ける!って時間を考えると、
実際にはそんなにないのか、とかね。

人生も、逆算して考えてみるといいんじゃないだろうか。
あんまり長いスパンで逆算すると、その前にこと切れた場合に悔いが残るから、
5年とか3年ぐらいで更新。その間に、何か新しいことにチャレンジしたり。

物事のサイクルは3が一区切り、というようなことを
かつて啓発本にハマっていた知人から聞いたことがある。
と、いうことは3年一区切り、と数えてみてもいいんじゃないか。
1年は12か月だし、十二支だし(えっ?)

子供の手が離れて、さてこれから自分の時間。
と思っていたら、親の介護とか自分の不調とか。
でも、小さな区切りで自分自身に目標があれば、
変わらない現実も、新しい明り取りの窓ができるんじゃないか?


よし、そういうノートも作ってみよう。
そうすると、やりたいことの取捨とかも、できていいかも。
タイトルは【野望ノート】。
いや、野望じゃなくて実現させるんだから、
もっと別の名前がいいかもね。結構、マジ。ははは。





[PR]
by noburinng | 2018-09-04 08:08 | 遊*susabi | Comments(0)