今度の住まいは、最寄り駅まで徒歩12分(遠)!
一番近いスーパーマーケットまで徒歩7分(遠)!

というわけで、パントリーがあるのです♡

f0376358_22113913.jpg

私の前世はリスじゃないかってくらい、溜め込むのが好き。
なんでも予備があると、すごく安心できるんです。

f0376358_22131795.jpg

まぁ、そのうちに忘れちゃったりして、
賞味期限が切れたりすることも、稀にあるんですけどね。

引っ越し後、買ったものを詰め込むだけだったパントリーを、
昨日ようやく片づけることができて、ホッとしました。

いや、マジで嬉しい~♪

前の前の家にもパントリーがあって、それでもそれは不要なんじゃないかと思ったりして。
パントリーが無くて、近所にスーパーマーケットのある便利な場所に引っ越して、
店をパントリー替わりにと思ったりしたけれど、
やっぱり私にはそういう便利な考えに馴染むことはできなくて、
自分ちにパントリーのある生活がいいな、と再認識した次第です。



それから雨ざらしだった自転車も修理し、
フットワークもちょっぴり軽くなりました。

こうやって、ちょっとずつ色々なことが整っていくのだけれど、
今回はいつもより時間がかかっていますね。

働くオバサンになってから初めての引っ越しなので、
万事今までと勝手が違い、片づけはGWまでかかりそうです。

と思っていた矢先、叔母が緊急入院。
従妹はもう一人病人(叔父)を抱えているので、ずっとついていてはやれず、
代わりに私が叔母のヘルプに行く予定。

お互い一人っ子同士、助け合わないとね。
そんなわけで、引っ越しの片付けが完璧に終わるのは、
きっと5月末ぐらいであろうと予想しています。








[PR]
by noburinng | 2017-04-30 08:31 | 暮*kurashi | Comments(0)

4月27日いなり寿司弁当。

あっという間に4月も終わりですね~。
ようやく春っぽくなってきました。

朝から光が入り、風が通り、近所では子供の声が聞こえ、気持ちがいいです。
かつてはこんな休日の朝が当たり前だったような気がするのだけれど、
最近は外で遊ぶ子供の声も、久しく聞いていなかったので。

今度のご近所は、我々世代より更に上の団塊世代の方々も多く、
また小さなお子も多い新興住宅も奥の方にあって、
色んな世代が混在して、面白いです。

学校が近所にあって、そこから放射状に伸びた裏路地風の道は
一部袋小路になったりして、そこが小さな子供たちの格好の遊び場になっている感じです。


さて、残り物感満載のいなり寿司弁当。

f0376358_09454396.jpg
いなり寿司は昨夜の残りなら、おかずは冷蔵庫の残り物をかき集めたありあわせ。
ズームすることもないのだけど、おかズーム。

f0376358_09465825.jpg

娘の弁当も同じもの(結局、娘の弁当も作っている)。
半端に残った野菜は、なんでも刻んで塩漬けにしておくと、色々使えて便利です。
この日は頂き物の高級小松昆布と混ぜ合わせ、ゴマを振って即席漬物風に。
ありがとう、バーのマダム♡美味しかったよ~♪



今日の弁当箱は、かつダイエットに励んだ夫が使っていたもの。
通勤カバンに無理なく入る、というキャッチコピーだったのだけど、
本当にそんな感じで通勤にバッチリです。

オトコマエなサーモス君。サーモスの歴史は長い。語りだすときりがないので、やめときますが(笑)
f0376358_09492131.jpg
中に専用箸入り。社食に割り箸が山ほどあるので必要ないんだけども、やっぱり普通の箸の方が美味しい気がする(笑)。





[PR]
by noburinng | 2017-04-29 09:57 | 暮*kurashi | Comments(0)

明日は久々に通勤弁当でも作ろうかな、と週末母(わたくし)がつぶやきますと、
物凄い反応のよさ(普段では全く見られない俊敏さ)で息子が
「今期から講義スケジュールが変わって、リーマンとのランチ争奪戦がやばい」とつぶやくのです。
君、立派な学食がいくつも校内にあるだろう、と母(わたくし)心の声。

それに被せるように娘が「学食が混んでいて、並ぶ時間がもったいない」とこれもつぶやくのです。
んー、なんで時間がもったいないのかはナゾ、暇じゃん。と母(わたくし)心の声。

母の唐揚げ弁当。IHの火加減(というのか?)に慣れていないため、日焼けしたタヌキ色になっていますが、
岩ではありません。鶏のから揚げです。

f0376358_11210167.jpg

それにちゃっかり乗っかる子供らめの弁当。

f0376358_11213975.jpg

一人分も三人分も一緒よ、ほほほ。とゆーのは他人様に対する社交辞令だぞ、をい。


f0376358_11224385.jpg

[PR]
by noburinng | 2017-04-26 11:31 | 食* | Comments(2)

仮想同窓会Ⅱ

箱を開けるたび、「はて、どちら様でしたか…(滝汗)」というようなことが起きている。

生活スペースを整えるべく休日のたびに奮闘しているのだけれど、
行き場のなくなった誰彼の、定位置を決める作業に疲弊している。

f0376358_15004377.jpg


こうしてみてみると、生活必需品というのは非常に少なくて済むのではないか、という気がする。
「趣味」と称して買い漁ったモノたちが、いたるところにあふれている。

入り組んだ路地裏の、猫一匹ようやく通り抜けられるようなスペースに、
行き場のなくなったモノたちを押し込む。
目の前から消えれば、きっとそれは再び活躍の場を失うと、分かっているのだけれど。

***

もう、10年以上愛読しているブログに「自分達の手や心が行き届く範囲で暮らせたら・・・」という一文を見つけ、ハッとする。

私は自分の持ち物さえ把握できておらず、かつて胸をときめかせた初恋の人に再会しても、
失われた興味、あるいは美化された思い出に、その人と気づけずにいる。

いつか使うかも、また要る時が来るかも、もう手に入らないものだから、等々。
手放せない理由を挙げてはみるのだけれど、もしも私が独り身になった時、
その初恋の人ともう一度並んで歩いてみたいとは、きっと思わないだろうな、と思う。


人は恋愛をやめるとき「あの人は変わってしまった」と相手をなじるのだけれど、
そういう私の方が変わってしまったと気づく、仮想同窓会。

私の心にも、物理的な箱にも、もうかつての恋人たちを納める場所は無くなっていた。
また少し、身軽になって新しい明日を迎えに行こう。
















[PR]
by noburinng | 2017-04-22 15:23 | 暮*kurashi | Comments(0)

ながら花見。

いつも特に花見などしない我が家ですが、今年はちょうど花時が引っ越しと重なって、
通勤の道々にも花々を愛でる暇はなかったように思います。

私は子供のころから白いサクラが好きです。
ヤマザクラと呼ばれているそうですけれど、
開花と同時に葉も伸びるので、白と新緑のコントラストも爽やかな、
青空に映えるこのサクラが好きなのです。

f0376358_23133293.jpg

そしてこちらは御衣黄という、薄緑のサクラ。

f0376358_23142440.jpg

私は初めて見たような気がしますけれど、そんなに珍しいものでもないようです。


この日は早朝、近所のサンドイッチ屋さんに朝食を買いに行きました。

f0376358_23163416.jpg
道々見上げた空に、サクラが文字通り花を添えてくれました。
引越しの片付けもあとちょっと。
ようやく自分の机でパソコンを開けるようになりました。

次はまたこの週末に、残った分を片づけなくては。
ふぅぅぅ~~~。





[PR]
by noburinng | 2017-04-18 08:30 | 暮*kurashi | Comments(6)

仮想同窓会。

少しずつ荷物が解かれていくのは、何十年ぶりかで開かれた同窓会に似ている。

f0376358_09421721.jpg

変わらない誰彼と、まるで初めて会うかのような誰彼と。
安心と、驚きと、その後の困惑も含めて(笑)。

***

ダイニングの片隅の、ワインセラーの上に置いたこのランプは、
アメリカから後生大事に持ち帰ったものです。

NJの、ジューイッシュの方々が多く暮らす地域のスリフトで見つけ、
このミッドセンチュリー感満載のシェードに惹かれ、購入。
ソケット部分が壊れていて灯りが点かなかったのを、
ホームセンターに行って部品を買い、自分で修理したもの。

かなり大きいのだけれど、愛着があって手放せずにいます。

そして、壁にかかっているのは、同じ時代に一世を風靡したイルゼブラッシの図案集から。
f0376358_09532443.jpg
これを刺したのも、もう3年以上前になるかも知れません。
もう、クロスステッチは辛いお年頃になってしまいました。




[PR]
by noburinng | 2017-04-17 09:56 | 暮*kurashi | Comments(0)

新しい生活。

新しい場所へ引っ越した日は、ちょうど満月でした。
雨が降って寒い引越しでしたけれど、夜には雨も上がり、朧月が見えました。

それから二日たった昨夜。
積み上げた段ボールも届かない、リビングの高い窓から月がのぞいていました。

f0376358_22582815.jpg



月明かりというのはいいものですね。

さて。これからは休日ごとに段ボールを開梱し、
粛々と新しい場所を片づけるのみです。







[PR]
by noburinng | 2017-04-14 21:34 | 暮*kurashi | Comments(5)