Debutante.

娘が20歳になりました。

f0376358_10452102.jpg
友達の、Sweet 16 に招かれる兄を、盛装してプロムに連れ立って出かけてゆく兄を、
うらやましそうに見送っていた少女は、今月20歳になりました。

Ballroom でのパーティーは、とうとう開いてやる機会はなかったけれど、
せめてケーキだけでも。

誕生日おめでとう。
大人の世界へ、ようこそ。



[PR]
by noburinng | 2018-09-23 10:56 | 暮*kurashi

先週も、後半はあっという間に過ぎた。
最近は現場仕事を中心に、業務が組み立てられている。

証跡とか根拠資料とか、舌を噛みそうだ。
オバサンは、時々「ぶつり」と体がショートしてしまう。
いかん、いかん。気をしっかり持って、今週も頑張る。

f0376358_15384584.jpg
気配は秋だ。日差しはかつての力はなく、吹く風も涼し。

最近の中華は、なんだか優しすぎる気配がする。
昔の中華がけんか腰とかコワイ、って意味ではない。
薄味、油少なめ。いやいや、そんなことでもない。
なんてか、こう。。。パンチがない。
どうしちゃったんだ。胃にガツンと衝撃を与えるぐらい、
腹いっぱいになりたいんだが、はぐらかされること度々。
とめ時がわからない味?まだこれが真打じゃないよね?的な。

近所で昔っぽい食パンを買う。
昔、普通に近所にあったパン屋さんで売ってたような食パン。
特に有名でもなく、近所の人が朝ごはんとか明日の弁当のサンドイッチ用とか、
そんなふうな需要のパンって覚えてる?
キメが細かくて、すべすべで、真っ白な。
最近みたいに小麦がどうの、バターがどうのとか、講釈のないパン。

そんなパンを買って食べました。
普通でした。安心安全の味。
そして、やはり防腐剤とか入ってないパンの結果になった。
食べる分だけこれからは買う。

***

さて、ホットヨガを始めた。
あり得ない量の汗が出た。

もっと息苦しいイメージだったけど、そんなことは全然なく快適。
何か体に良さそうなこと、と思っていたけれど、
ナマケモノレベルのわたくしの動きの速度では、
とても普通に運動なんて出来まい、と思いホットヨガ。

何だか体の芥が少しずつ出ていく感じ。
終わると体が軽い。
ちょっとハマりそう。






[PR]
by noburinng | 2018-09-09 15:57 | 暮*kurashi | Comments(2)

最終日、ささ~っと行ってきた。
仕事の都合で土曜出勤が確定的なので、前倒しで休んじゃっている。
明日からは現場じゃ。

f0376358_17403436.jpg
撮影可だったので(太っ腹)、写真も撮る。
刺繍は小さな面でも時間がかかるから、作品はほんのちょっぴり。
でも、常々実物を見てみたいと思っていた作家の作品を見られたのでOK。
あとはキルトの展示で、わたくしはキルトはできないので、スルー。
展示ブースの周りは、布とか手芸用品がたくさん売っていたけど、
ほとんどがキルト系だったので、寄らずに帰る。

***

出かけるのに、久々にシャツを着た。

さすがに綿はまだ着る気になれないので、麻。
まぁ、それでもようやくシャツが着られそうな気分になったところだ。

明日から現場に行くのに、パンツを買おうかな~なんて思ったんだけれど、
残念ながら欲しいものはなかった。

今年は70年代とか80年代とかって感じのリバイバルかな?
下北沢の古着屋で売っていそうな、70年代チックなワンピースとか、
ボウタイのブラウスとか。
昔、こんなのうちの母が持ってたね、みたいな。

50年代のリバイバルはいつ頃くるんだろう?

今頃着る服って、本当に困る。
暑いけど、秋だし。
秋、と思ったら冬になってたし、とか。


買い物がどんどん嫌いになっていく。
それはきっと、短気は不治の病に拍車がかかっているせいだ。
探すのが面倒くさい。
疲れるから、長く外出していられない。
困った、困った。

50年代風ワンピース、またはタイムマシン、早めにヨロシク。←誰に?








[PR]
by noburinng | 2018-09-06 18:18 | 遊*susabi | Comments(2)

【いちご泥棒】その⑦
チマチマと亀の歩みで進んでおります。

f0376358_10370030.jpg

とうとう、夜も刺繍を始めました。そうじゃないと全然進まない。
いよいよ、ハズキルーペデビューかな、という感じです。

先週はこの辺りが捗りました。

f0376358_10375512.jpg

捗ったと言えるのかどうか。しかし、ゼロではないとは言える(笑)。
今週も、亀の歩みで頑張ろう。
いつかは出来る。日々の歩みがゼロでなければ。

***

今年は新しいクリスマス刺繍もやりたい、と野望を抱いている。
と、いうことはこの【いちご泥棒】を9月末ぐらいまでには完成させたいな、と。
逆算していくと、そんな感じになるんだけれど、
自分にプレッシャーをかけすぎないように、ゆるゆると行ってみよう。

最近、ノートにやるべきことを書きつけている。
でないと忘れたふりをして、やらずに過ごしてしまいそうで。
自分の興味ないことって、あるいは大変そうなことって、
はたまた面倒なことって、そういう傾向にある。

若い頃はどうだったかな?と振り返ってみる。
全然記憶にない(滝汗)。
きっとそういう意識すらなかった。
スケジュール帳はいつも空白だったし(←書かない・それは今も同じ)。

先日、自分のこの先の時間を何気なく考えてみたら、
あと20年とか?25年とか?
そのうちバリバリ健康で、ガンガン行ける!って時間を考えると、
実際にはそんなにないのか、とかね。

人生も、逆算して考えてみるといいんじゃないだろうか。
あんまり長いスパンで逆算すると、その前にこと切れた場合に悔いが残るから、
5年とか3年ぐらいで更新。その間に、何か新しいことにチャレンジしたり。

物事のサイクルは3が一区切り、というようなことを
かつて啓発本にハマっていた知人から聞いたことがある。
と、いうことは3年一区切り、と数えてみてもいいんじゃないか。
1年は12か月だし、十二支だし(えっ?)

子供の手が離れて、さてこれから自分の時間。
と思っていたら、親の介護とか自分の不調とか。
でも、小さな区切りで自分自身に目標があれば、
変わらない現実も、新しい明り取りの窓ができるんじゃないか?


よし、そういうノートも作ってみよう。
そうすると、やりたいことの取捨とかも、できていいかも。
タイトルは【野望ノート】。
いや、野望じゃなくて実現させるんだから、
もっと別の名前がいいかもね。結構、マジ。ははは。





[PR]
by noburinng | 2018-09-04 08:08 | 遊*susabi | Comments(0)

飢餓感と人生。

何だか難しい本だった。
また数年後に読み返したら、理解度があがるだろうか?
しかし、また読むかどうかは不明。

f0376358_15442205.jpg

共感できる登場人物もなく、点を結ぶことにも失敗した。

ただ、千野帽子氏の解説に、救いを見出したので、ここに引用。
「介入の原因は、介入された対象にあるのではなく、
あくまで当人が持てあます自前の飢餓感にある。」と。

全編をめぐって、色々な人物の色々な形での他者への介入が書かれている。
それぞれが、それぞれの中に苦悩を抱えながら。

時代が変わっても、それはきっと人の心の中に在る飢餓感だから、
そういう飢餓感を持った人々が誰かに介入するというのは、多分変わらないんだろうな。
どんな時代に、どんな形にせよ。

介入には悪意も善意もなく、ただ、その飢餓感を癒すために人は介入するのか。
それを「良かれと思って」というスタンスに自分の中のブラックボックスで変換する人もあれば、
あるいは「常識」とか「非常識」とかいう、勝手な枠組みを振りかざして、
介入なんていう意識もないままに他者と力技で関わるのか。

渦中にいる人の思い込みというのは、とても怖い。

スタインベックの「アメリカとアメリカ人」、あるいは養老孟司の「バカの壁」に
ちょっと通づるものがあるかな、と一瞬思う。そこまでは書いてないけど。

何か、楽しい小説を読みたいな。
最近、ちょっと相性が悪い本ばかり引き寄せている。
砂漠で三輪車の日々が続いている(本に関して)。
この本を読み終わるのに、1週間もかかってしまった。
ふぅ~。

***

また台風が来ているんですってね。
明日の朝はどうなるんだろう。
明日未明から1日かけて、日本列島を駆け抜ける感じの予報。

今朝の天気予報では早めに帰って台風に備えろ、と言っていた。
なかなかそんな風に開放してくれないのよ、わたくしの勤務先。

と、言うようなことを、出かける前の慌ただしい中、呑気に書いています。
さ、今から台風に備えとこ。

では、今日も予約投稿で行ってきます。
今週も頑張ろう~~~( `ー´)ノ





[PR]
by noburinng | 2018-09-03 08:08 | 暮*kurashi | Comments(4)

9月の声を聞きますと、暑くても秋冬の衣類のことが頭をよぎる。
デパートのウィンドウは、早くも秋で気分がはやる。

しかし、欲しい服がなかなか見つからないのは困ったことだ。

実はわたくし、こう見えて買い物嫌い。
なので、買う時は大量に買い込んで、その中で何とかする、という感じ。
どこかにド~ンと、私好みの服を売っているところはないだろうか?

この夏もワンピースをずっと探していたんだけれど、結局希望にかなうものはなかった。
ウエスト切り替えでノースリーブ、または半袖。
シャツカラーの前ボタンで、上の部分は裏地なしのコットン。
スカート部分もコットンでいいけど、裏地付きのフレアスカート。
スカート部分は願わくばシルクがいいんだけれど、
見た目が変ならコットンでよい。

すごく簡単な服だと思うんだけれど、とうとう見つけられなかった。
探す場所を間違っているんだろうか?

と、家にある本をパラパラとめくっていたら、ありましたよ、ここに!!スタイル的には。

f0376358_12011277.jpg
あるいは、こういうのとか。

f0376358_12014898.jpg
はたまた、これなど。

f0376358_12021135.jpg

こんなに高級でなくてもいいので、こういうのとか。
f0376358_12025726.jpg
中原淳一♡


あるいはアメリカの大量生産チックにこういうのとか。

f0376358_12033549.jpg

タイムマシンに乗って、好きな時代の好きな国にお買い物に行きたい。

そうしたら、きっとコストも抑えられるだろう(笑)。
と、いうことで、次はタイムマシンの開発に期待が高まる。

いや、それより流行した年代別に服を作って欲しい。
今の気分は1950年代。( `・∀・´)ノヨロシク、ヨロシク。






[PR]
by noburinng | 2018-09-02 12:12 | 衣* | Comments(2)

週の後半は、記憶がない。
書類をひっくり返している間に終わった、という感じ。

最終日、昨日。
子供たちが夕飯不要ということだったので、夫と野方餃子に行ってきました。

f0376358_08291295.jpg

これは1ヶ月ぐらい前に、会社の人々と行った時の写真だけれど、
この1ヶ月の間にも、日没の時間が早まったのが分かる。
夏はもう、終わりに向かっている。んだけれど、暑いね相変わらず。

f0376358_08305029.jpg

夫が少し遅れるというので、わたくしは先にビールとピクルス。
とにかく、餃子以外のものも美味しい。そして、飲み物も安い。

f0376358_08321663.jpg


我々は予約して行ったのだけれど、入れ替わり立ち替わり席を求める人々が。
お持ち帰りもできるので、地元の方々は注文したお品を受け取りに来る姿も。
なかなかの人気店です。

***

野方餃子にはニラやニンニクが入っておらず、また餃子を焼くときの油のにおいが客席に充満することもなく、
とても気に入っています。
餃子の味は小籠包みたいなイメージ。とても美味しい。
二口ぐらいで食べられる小さな餃子は、江戸前の鮨を彷彿とさせる上品さ。
お店の人は無口だけれど、決して感じ悪くはない。
元気のありすぎる居酒屋接客に疲れる大人の方々に、ぜひ。

***

9月からはかなり多忙な日々になる予定。
何か体にいいことをしたいと思いつつ、寝るのが一番の健康法になってしまっている。
身体の根本的なところから鍛え直したい気分になっているのだけれど、
それはきっと、わたくしにとってはマシントレーニングとかではないだろうな。

まずこの、硬い体を何とかしたい。
そのあとは、ムキムキにならないように筋肉をつけたい。
内臓を支えたり、骨を支えたりする筋肉。

ということで、何か体に良さそうなことを始めたいと考えています。







[PR]
by noburinng | 2018-09-01 08:55 | 食* | Comments(2)