連休後半。

酒盛りも飽きてきた連休後半。

f0376358_23262814.jpg

叔母の一周忌で、今日から実家方面へ移動します。
非常に憂鬱。
夫の実家の方が、気兼ねなく大の字になって眠れる(笑)。

さてさて。支度をして行ってきます。









[PR]
by noburinng | 2018-05-04 06:41 | 暮*kurashi

春から新しい生活。

昨日開けたピノノワールは、とても良い色でした。

f0376358_11364088.jpg
春からはまた、週末ごとにのんびりとお酒を楽しむ生活が出来そうです。
激務ともお別れし、秩序ある生活を取り戻すことを心がけたいと思っています。

***

古巣のお声がかりで、また元の職場に戻ることになりました。
こんな歳になると、お金とか地位とかでなく、
誰とどんな時間をすごすか、という方が大事かなぁという気がしていた矢先のことで、
本当にラッキーだったな、と思っています。

人事の面談を終えた後で、前々職場からのラインに気づき、
合意を慌てて白紙に戻したりして、ちょっと不穏な空気も流れましたが、
まぁ、私の代わりはいくらでもいるだろうと思うので、
人生の残量をにらみつつ、これからも自分に正直に生きようと思っています。

仕事を転々とした1年弱の間にも、それなりに学びがあり、
受け入れてくれる器があることに感謝をしつつ、
また新たな気持ちで頑張って行こうと思っています。



[PR]
by noburinng | 2018-03-04 11:58 | 暮*kurashi

涼しくなったと思ったら、また急に暑くなったりで、体調を季節に合わせるのが大変な今日この頃(@_@)
早く涼しくなるといいな~と思っておりますよ。もう10月ですよ、10月。
去年もゆるゆると秋が進み、寒暖の差も鈍く、京都まで出かけた紅葉もイマイチでした。
今年もそんな感じなのかな~、なんて。

***

さて。先日、家でデヴィルドエッグ(写真左上)とヤムのマシュマロ焼き(写真右上)を作りました。
f0376358_10532921.jpg

デヴィルドエッグの方は和風のなんちゃってだし、
ヤムのマシュマロ焼きも中の芋はヤムじゃなく、サツマイモですけども。

本来は玉子は縦長に切るんですが、デヴィルドエッグ用の皿が我が家にはないので、
横に切って、なおかつ座りがいいように皿にあたる部分を平らに切っています。

デヴィルドエッグの皿は、玉子型のくぼみがたくさんあって、だいたい12個の半切りのゆで玉子がのせられます。
たまご、特にゆで玉子が苦手な娘と私でも、この黄味に味付けしたデヴィルドエッグだけは食べられます。

イースターによく出されるらしいですが、私の印象だと感謝祭って感じ。なぜか。
感謝祭用のペイントをしたデヴィルドエッグ用の皿を、シカゴ郊外に住んでいる時によく見かけたからかな~。

そういえば、映画「ヘルプ」の中でも、ヒリーの好物としてこれが出ていましたね。
カードゲームをする彼女たちに提供されてました(多分)。

ヤムのマシュマロ焼きは、ステーキの付け合わせとして、割と一般的かな~と思います。
でも、サシのたくさん入った和牛のステーキには、ちょっと合わないかも。
赤身のステーキ向け。ステーキの写真を撮るのを忘れちゃったけど('◇')ゞ
塩コショウ味のメインと、甘いサイドはよく合います(私個人としては)。
ハンバーガーのサイドには、フレンチフライズの代わりにスウィートポテトのフライズもありましたしね。
私はそちらの方が好きです。

今度アメリカに行ったら、デヴィルドエッグ用の皿を買ってこよう。
どのシーズンでも使えるシンプルなのがいいな(シンプルなのがあるかどうかはナゾだけど)。

***

イースターやクリスマスは、色々なイベントがあったり、誰かの家に招待されたり、
自分がアメリカ人じゃなくてもそれなりに楽しむことはできました。
でも、どうしてかサンクスギヴィングだけは、自分が異邦人だということをしみじみと実感。

サンクスギヴィングに外で(夜の)イベントがあったり、誰かの家に招待された記憶もないし、
この日は親戚一同で楽しむ日なのかな~という印象でした。

秋も深まって、人恋しくなる季節のサンクスギヴィングは、遠く離れた日本の誰彼を思い出し、
ちょっぴり寂しくなるホリデーでした。


しかし、その前にハロウィンですね。日本でも定着しつつあるようですが(苦笑)。
f0376358_11052656.jpg
写真右上は、娘が小学2、3年の頃のハロウィンのクラスパーティーで、お菓子係になった時に持って行ったもの。
ボディーペイント係とか、当日の給仕係とか色々あったのだけど、一番しゃべらなくて済みそうなお菓子係になりました(私)。
そのほかの写真は、当時私たちが暮らしていた、Lake Zurich という「村」周辺の風景。
左下は、サンクスギヴィング用にデコレーションされたトウモロコシ。そのほかにも日本の門松みたいに、家のポーチの柱に、
麦わらをデコレーションしたりするお宅をよく見かけました(イリノイ州のルーラルエリア)。

彼の地は一気に寒くなるので、紅葉が本当に美しかったです。





では、今日も予約投稿で行ってきます( `ー´)ノ
みなさまも、良い一日を♪





[PR]
by noburinng | 2016-10-06 18:42 | 食* | Comments(0)